ギタリスト ラギー
悩んでいる答えは自分自身の中にある。

KRK VXT4

なぜか
KRK VXT4

というキーワードでこちらのページに来てくれるひとが多いのでついでに

自分の使用しているソフト
ARC System とKRKスピーカーについて書きます

ARC Systemは、ホームシアター業界で高く評価されている音場補正技術、AudysseyのMultEQレジスタードマークテクノロジーをプラグイン化した、DAWユーザーのためのソリューションです。

 
と書いてあります

要はその部屋でミックス、マスタリングがしやすい 良い環境を作るためのツールですね

確かに使ってみると小さな音でも音の分解度が上がります

自分の部屋にも防音シート・吸音材をいくつか張っていますが

それ以上に効果はあると思います

でも未だにヘッドフォンでもよいミックス環境は模索中です

SONYのCDR900STでしたっけ?あの定番のヘッドフォンも使っていますが

MACKIEから出力した場合とDIGI002 からヘッドフォンで聞くのでは

だいぶ差があります。

なので結局はKRKモニターの音を頼りにミックスするのが今のところはベストです

外部のスタジオに行って大きな音でミックスするのが一番良いのですが

予算がない企画などもあるので自宅で完パケなんてこともあるわけです

KRKについている LIMITER機能 は私は使っていません。

いつも思うのですが

スピーカーの出力を最大にし

ミキサーでボリュームを調整すべきなのか、、、

ミキサーで0dBあたりまで最大にした状態でスピーカ皮の出力を調整すべきなのか、、、わかりません。

現在はミキサーのマスターアウトが0dB位になるようにし

KRKのモニタースピーカー側のVOLを小さくして調整しています(一度決めてからはいじっていない)

よーーーく聴き比べると

左右とも同じツマミレベルにするとどちらかに差が出るので片方側を少し下げて調整した。

ちなみに私の利き耳は 左です

それについては音量というよりは スピーカーの角度(&距離)で調整をした



2010/3/23検索ワード
1. グランソシエ寺田町
2. 小椋久美子
3. モンベル
4. 開星高校
5. 断捨離
6. 高校野球
7. ドンドンダウン
8. アンコールワット国際トライアスロン大会
9. 黒澤明
10. テラパワー

No Comments Yet

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


Top