ギタリスト ラギー
悩んでいる答えは自分自身の中にある。

PRS COSTOM22

new guitar
$自分の使っている機材、楽器、protoolsなどについてのページ

トレモロはフローティング状態にしています

バネを違うメーカのものに交換し、ある程度*しなりと*遊びがあるように
セッティングしました。

440Hz,441Hz, に対応するようにしています

フレットとナットは専属のリペアマンに交換してもらいました。

ナットはタスクでも純正のものでもなく象牙をナットサイズにカットしてもらい溝を掘っています。

ブライトな音だけど金属よりもバランスよく発音してくれます。

*Gibsonレスポールをもうちょっと立ち上がりを遅くしたような感じ。

ブルースやジャズの生音もいけますし、歪みも潰れることなく出てくれます。

5点ピックアップ(ロータリー)というのが気に入らないけど
今の配線を変えると音が変わりそうなので今のところ保留。

電気周りは一切、手を加えていません。

フロントPUの高さを調整するのには長い時間をかけました。

リハーサルに持っていったりレコーディングしたりライブしたりと。

今はかなり下げた状態にして(フランクギャンバレ位)各弦ごとにピンを調整しています。

弦高は高め。

この方がダイナミクスが大きくなるし自分のピッキングにあっている。

No Comments Yet

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


Top