PRS Costom22 PaulReedSmith 

投稿日: カテゴリー: Guitar

PRS Costom22 PaulReedSmith 
中古品として購入
ハムバッカーだけど シングルのような抜ける感じ(低音の情報量が必要以上に多くないというか、、、)がよかった、
塗装とかぼろぼろに剥がれていて価値がないのか、、、安価で購入。
購入後すぐに フリーのリペアマンに2ヶ月かけて 修復してもらう (自分もツアー中でちょうど良かった)

フレット打ち換え  
5種類くらいあったが ごく普通のfender系にした 
(ジャンボフレットは今の流行ではないし、そこで音質などを改善する必要もなかった)

ネック
フレットがない状態でサンディング (ここら辺の削りはお任せ)

バードインレイの修復
これこそ職人芸でした

ナット交換
 職人手作りの象牙、john suhrのタスクに近い、一回目に3弦の溝幅が気に食わずダメだし再度調整依頼

電気パーツのクリーニング
最初はパーツを交換するつもりだったが クリーニングがあまりにも良かったので そのまま交換せず

ボディ
塗装の剥がれは自分で黒のマジックで塗りつぶした(笑)←塗装して音が変わるのが嫌だった。

PRS 修理 完了後 
特注の 象牙ピック と アームチューニング防止 の二酸化モリブデン(粘度みたいなやつ、ミニ四駆などにつかうやつ)
を試しにもらいました。
感想を聞かせてほしいとのことなので ついでに報告

ピック
は 同じものが作れないというリスクがあるのと 手汗で滑りやすい ということ 鳴りはプラスチックよりもブライトだけど
ギターのオイシイ中域部分も埋もれず出てくる感じ アコギには良いと思った。 ハイの立ち上がりが早くないところも良い、まとまって出てくる感じ

二酸化モリブデン
は確かにチューニングの安定は増すかもしれないが、 サスティーンがなくなるのが 良くない
1弦から3弦には使用せず4弦から6弦に使用するといいかも
結局は鉛筆の芯が一番いいかな

ペタしてね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です