スピーカーたち やっぱりドイツの音が好き??

Posted on Leave a commentPosted in DAW, 機材 ハードウェア
10M
10M
Victor Woodcorn
Victor Woodcorn
ADAM7X and KRK
ADAM7X and KRK

 

機材の入れ替え中

10Mを手放して ADAMに変更

KRK は別のスタジオに持って行こうと、、、。

WoodコーンはストリングとかVocalを聞くにはサイコー

 

KRK ギターとかスネアとか聞くにはサイコー (キックとかタムの箱鳴りとかはあんまり聞こえない。。)

 

Woodコーン レコーディングスタジオにはどこにでも置いてますね

ストリングやセンターの音はサイコーにいい感じ。 ただ、歪んでいるギターはちょっとうるさく感じるかも?

NS 10M まぁある意味標準 とりあえず、MDR900STのヘッドーフォンとこのスピーカーは一応持ってるという感じ、、、。

 

ADAM 7X  ベルリンの音 = テクノとクラシックの両方の文化が育っているのでそれらの良い所の周波数が聞こえる音? みたいな記事を読んだことがあります。
色付けされた音と評価されているのもあるけど、リバーブの奥行きやキックとかスネアの胴鳴りがしっかり聞こえる ベースのピッキング時のカッ、とかゴーストノートがしっかり聞こえる。

 

 

あとはモニタースタンドとかが届いたらちゃんとセッティングしていこうと思います

 

 

[fblike]