SUHR LAGGY

Guitar Solo ギターソロのみ レコーディング

投稿日: コメントするカテゴリー: DAWGuitarYOUTUBE 演奏

Guitar Solo ギターソロのみ レコーディング

とあるコミュニティで

「ギターソロのみ弾きます」というサービスをUPしたところ思った以上の依頼があり、意外と需要があるんだなと驚いています(笑)

まぁ、超格安でギターソロのみをレコーディングするので、気に入らなかったら使わない、くらいの経費で考えても大丈夫なんでしょうね。

だいたい30分でソロは弾き終わるので (+ステムトラックのバウンス作業)

納品も早いです。

 

たとえば、、、こんな感じとか。

 

コンペなどの外部流出の危険性のある音源は

MIDIでの受け取り<-Guitarだけ差し替え。

やメロディーをMUTE して音源をいただく。もしくはギターソロの小節だけのトラック (8小節だけとか)

だけをいただくとか。そーいった感じでもOKです。

 

 

もし興味がある方はご連絡下さい

info   @   laggy.jp

です。

 

 

 

Blue Cat’s PatchWork VS Original

投稿日: コメントするカテゴリー: DAW

オリジナルのプラグインとBlueCatを使ったパッチでのCPU消費率を比較してみた

パッチを組む以外に何か他にも恩恵が得られるのかどうか比較をしてみました

T-RackのEQ(比較的重いもの)を使ってテストしました

Blue Cat’s PatchWork

ORIGINAL Plugin

製品概要

Blue CatのPatchWorkは、あらゆるデジタルオーディオワークステーションで、インスタン内で最高64のVSTプラグインをパッチングできる世界共通のプラグインパッチベイです。

接続は直列でチェインを組む、あるいは最高8個のパラレルチェーンを作成でき、それぞれ独立して有効にできます。 複数のバスを使用せずにプラグイン内で好みのエフェクトやインストゥルメントを構成。

これらの構成はプリセットとして保存し、任意のプラグインフォーマットを使用して、瞬時にリコール、または複数のDAWと共有することができる

このパッチベイを使えば、ハード的なワイヤーやケーブルの存在を忘れることができますプラグインのルーティングは、ラックマトリックス内で行や列にプラグインを追加/削除するというシンプルな方法で行えます。各プラグインスロットは、レイテンシー補正、プリセット管理、アンドゥ/リドゥ統合、個々のプラグインのバイパスなど最適な動作が保証されています。

プラグインは、レイアウトがセッションで復元またはプリセットと一緒に保存されるように、各プラグインのウィンドウの位置を記憶しています。

また、サブプラグインは、パッチワークパラメーターマッピング機能を使用して、外部コントロールサーフェスによりオートメーション、そしてコントロールができます。

プラグインは、オーディオエフェクトやバーチャル・インストゥルメントとして提供されているので、任意のタイプのトラックに最高8個のオーディオチャンネルにインサートすることができます。

入出力のレベルメーターは信号を監視することができ、プラグインに再配置することができます。

.

.

.

.

結果

.

.

.

オリジナルを普通に使うのとパッチを組んだ場合のStudioOneでのDSP消費率は・・・・結果変わらない

パッチを組む以外に何か恩恵が得られるかなと思ったがCPU消費率は全く変わらなかった。

そもそもPLUG IN のPRESET (お気に入りを幾つか用意した状態での保存)はStudioOneの標準機能で出来るので

わざわざこのプラグインを使用しなくても良い。

あと難点が一つ パッチ上に立ち上げたPLUGINが一番上(一番TOP)に出てきてる場合は StudioOneのショートカットを押しても反応しない

例えばパッチを立ち上げた状態でパフォーマンス使用量を調べようと パフォーマンスをクリックしても画面裏側に表示されてしまう。

続く(2017.9.9書きかけの記事です)

ガレージバンドでレッスンをしました

投稿日: コメントするカテゴリー: DAWレッスン

打ち込み・プログラミングの仕方 ガレージバンドとStudio One

最近増えてきているDAWレッスンですが

今回はDAW(音楽ソフト)の操作を教えてほしいということで

GarageBandとStudioOne を使ってレッスンを行いました

基本的にどのDAWもちょっと操作を覚えればかなり本格的なことができますね

GarageBand改めて最近操作しましたが

すごく直感的で扱いやすいプリセットがいっぱい入っているんですね!

リバーブやコンプあとアナライザー付きのEQまでついてる

(さらに…)

NEVE1081 を使ってみて

投稿日: コメントするカテゴリー: DAW機材 ハードウェア

NEVE1081 を使ってみて

やはりGuitarの中域あたりとの相性は抜群ですね

http://www.uaudio.jp/neve-1081.html

[browser-shot url=”http://media.uaudio.com/assetlibrary/n/e/neve_1081_carousel_1_@2x_1.jpg” width=”600″ height=”450″]

 

 

 

でも、自分は

銘機NEVE 1081のビンテージサウンドを『新品』のユニットとして、更にステップアップした音質で復活させた

Neve 1073 MicPre+ Essential EQ(2ch) を使っています。

アコギのラインの直でも ナイロンのギター直でもなんでもリッチにしてくれます^ー^

本当に良い買い物をしました。

でも意外と売れていないのかな、あまりデモ動画や比較動画などはありませんでした。

プロユース向け機材なのでYoutuberがレビューするわけはないか・・・笑

近日中にSoundCloudか何かで比較音源を載せてみようと思っています。

お楽しみに^ー^

 

 

機材レビュー SOUNDTOY FREE Pluginの Little AlterBoyを使ってみた。

投稿日: コメントするカテゴリー: AUDAWFREERTASVST

機材レビュー SOUNDTOY FREE Pluginの Little AlterBoyを使ってみた。

 

 

64Bit&32BitどっちでもOKなんだね!

いまや64Bit当たり前ですが 一昔前のSoundtoyのPluginは32Bitまででしたのでこれはありがたい。

というかUPグレードしていないSoundtoyの他のプラグインは32Bitのままなので違うツールを使って(経由して)

使用しています。

PLUG IN OFF (まぁこの時点ででもいい感じなんだけど LowCutFilterを使ってます)

 

 

 

 

PLUG IN ON (倍音を追加したイメージ 1オクターブ上の音声をMIX)

 

 

 

 

 

 

 

 

手に入れる方法

これはFREEのプラグインではあるのですが、とあるコンテスト企画の一貫でして、、、。

そのイベントの際に配られたShareチケットというものがあるんですが、ここでいろんな人にコードを配りそのコードでダウンロードされた数を競うというもの。

ここにいくつか貼っときます。

325-6125-851

223-8495-927

266-3377-647

で、Sountoyでアカウントを作って

こちら

で入力すればOK

あとはiLOK Nameも後ほど入力しなくていけません。

ちなみにFreeで手に入れることができるのは4月1日までと書いてあります。

 

感想
  • いろいろと使ってみたが DJっぽい感じとか REMIXにはいいのかなぁと。
  • 逆再生とかテンポチェンジとかはProtoolsやStudioOneその他でトリッキーなことはできるし。
  • これはBUSを組んでMIX100%でブレンドしてみるといいのかも・・?
  • まだ、これにしか出せないサウンド?みたいなプリセットは思いつかなかった。他でもできるなぁという感じ。
  • まぁでも無料だし。総合的にはいい感じです。SoundToyらしく、しっかりとエフェクターがかかります。 (そこらへんはECOH BOYとか変わらず印象良いです)

 

 

最後に

遊びで一曲作ってみました^ー^

作業は映像編集含めて3時間くらいかなぁ・・・。

細かいことは気にせずで。

 


何かわからないことがあればコメント欄に書いてくださいねー